東西の電力

東西電力の異なる周波数

日本の電力事情が東西で異なる周波数を持つに至ったのか?

 

それは、国内の2大電力会社(東京電灯と大阪電灯)間で行われていた直流・交流論争がきっかけと言われている。関東では、最初、直流送電を行っていたが交流電力が優位だと分かると、電力方式を直流から交流式に切り替えた。このとき、採用したのがドイツ・AEG社製の発電機(50Hz)だった。しかし、関西では関東のものを使わず、アメリカ・GE社製の発電機(60Hz)を採用してしまった。

 

この電力会社での異なる周波数の発電機を採用してしまったために、国内の電力が統合されて現在の様に、国内で全国を2分する状態になっている。

 

 

△もっと知りたいエネルギー・環境トップページへ戻る

東西電力の区切り

日本の電力は、その商用周波数で50Hzと60Hzとに区分けされているが、その東西の電力はどこを基準に仕切られているのだろうか?その境を調べてみると、糸魚川静岡構造線という断層線だと分かる。

 

糸魚川静夫か構造線とは、飛騨山脈(北アルプス)の日本海側の端の新潟県と富山県の境に位置する糸魚川市親不知(おやしらず)から諏訪湖を通り、安倍川(静岡市)に至る大断層線のことを「糸魚川静岡構造線(いといがわしずおかこうぞうせん」と言い、略して糸静線(いとしずせん)とも言う。

 

日本の様に、国内で異なる電源周波数が混在するのは珍しくさらに、地方毎で区分けされているのは、日本しかない。この事情、日本にとってプラスなのかマイナスなのか?

 

 

△もっと知りたいエネルギー・環境トップページへ戻る

東西電力の融通

周波数毎に日本の電力会社を分けると以下の様になる。但し、一部の地域では電力の供給約款とは異なる標準周波数を定めて電力を供給している。

 

・50Hz:北海道電力、東北電力、東京電力
・60Hz:中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力

 

東西の電力を融通させているのは、中部電力で、東京電力と中部電力の境目にある長野県や静岡県に設置された3カ所の周波数変換所を通して行っている。今回の東日本大震災では、原子力発電所の電力供給停止により電力不足が懸念されている。国内の電力会社間では、電力の融通を検討している。日本経済新聞社の記事によれば、静岡県にある中部電力の東清水変電所の変電電力量を、今年の大型連休中に現在の10万Kwから13Kwに、さらに2012年秋をめどに30万Kwにそれぞれ増強する計画を立てているという。

 

但し、電力の融通はこの規模までで、これ以上は周波数変換設備の増強には巨額の時間と費用がかかると説明されているが、これ以外にも電力の独占という問題もあるのではないか?

 

 

△もっと知りたいエネルギー・環境トップページへ戻る

旅行用変圧器

日本国内の電力は一般家庭用では、電圧100V(50Hz/60Hz)を使っていますが、アメリカは110V、イギリスは240Vと世界の電圧仕様は様々です。そこで、海外に旅行に行くときに、便利なものが旅行用変圧器です。以前は大きくて持ち運びが大変でしたが、最近ではコンパクトなものが発売されていてとても便利です。また、加熱防止の為の、自動復帰保護装置内臓されているので安心!通電ランプ付。

 

 

△もっと知りたいエネルギー・環境トップページへ戻る