フィードインタリフ制度

フィードインタリフ制度(FIT)とは

フィードインタリフ制度(FIT)とは、「固定価格買取制度」と言われ再生可能エネルギー普及と技術開発を促進するための助成政策。

 

他に「固定枠(クォータ)制」や「入札制」があったが、固定価格買い取り制度に劣る結果となり、現在では再生可能エネルギー普及を助成する方法の中ではフィードインタリフ制度(FIT)が最も有効な方法とされる。

 

米国において導入されたPublic Utility Regulatory Policies Act(PURPA)法が「固定価格買取制度」の最初とされる。

 

英語では、Feed-in Tariff law。略記として"FIT"

 

 

△もっと知りたいエコ・環境トップページへ戻る

原理と制度

再生可能エネルギーには、バイオマス、風力発電、太陽光発電などがあり、これらを開発・使用することは枯渇性燃料への依存度を下げることになり地球温暖化対策、エネルギー資源の確保に役立つ。

 

また、これらのクリーンエネルギーの価格は「経験曲線」または「学習曲線」と言われるデータに基づき予測することが可能。フィードインタリフ制度(FIT)、固定価格買い取り制度は電気料金の上乗せ分として得た資金を用いることで再生エネルギーを普及される一助となる。

 

固定価格買い取り制度では、エネルギーの売り渡し価格(これを「タリフ」という)を法律で決まった一定期間に定める。この期間、発電事業者に再生可能エネルギーの助成を行う。

 

 

△もっと知りたいエコ・環境トップページへ戻る