グリーン・ニューディール

グリーン ニューディールとは

■グリーン ニューディールとは
国連事務総長(潘基文:パン・キムン)が訴えていた標語で、景気対策の「ニューディール政策」になぞらえ、太陽光発電や電気自動車などによるクリーンなエネルギーを中心に世界経済を再建しようとする試み。米国バラク・オバマ大統領が就任演説の中で語った経済政策。このグリーン・ニューディール政策により米国の雇用と市場を生み出すことを考えている。

 

■ニューディール政策とは
1933年フランクリン・ルーズベルト米大統領が世界恐慌克服のために実施した景気対策で、自由市場的な政策を改め,テネシー川流域開発公社等の公共事業の実施や法制による労働時間の短縮などの新しい経済政策で、「政府の関与による雇用の創出」がポイント。但し、直後に第二次世界大戦の軍需がなければ,アメリカ経済は回復出来なかったという評価もある。

 

 

△もっと知りたいエコ・環境トップページへ戻る

日本版のグリーン・ニューディール

日本でも、地球温暖化などの環境問題を解決すべく再生可能エネルギー(風力発電、太陽光発電、バイオマス等)の利用を通して雇用の確保と国内の景気回復を考えている。

 

日本が本格的に「日本版・グリーン・ニューディール」政策を立ち上げ、国内のエネルギー構造を再生エネルギーへと大きく転換出来なければ世界に遅れをとり、日本の得意とする「環境エネルギー技術」の開発による優位性も無くなってしまう。

 

また、このままでは国内の法整備をせっかく行っても京都議定書で定めた目標値「6%の削減」を達成することも危うい状況になっている。

 

■京都議定書とは
1997年12月に京都で開催された「気候変動枠組条約第3回締結国会議(COP3)」で採択された地球温暖化の原因となる、二酸化炭素(CO2)、メタン (CH4)、亜酸化窒素 (N2O)、ハイドロフルオロカーボン類 (HFCs)、バーフルオロカーボン類 (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6) の
温室効果ガスについての排出削減義務などを1990年を基準として各国別に定め期間内の目標値を達成することを定めたもの。

 

 

△もっと知りたいエコ・環境トップページへ戻る