横浜 海外移住資料館

海外移住資料館とは

JICA横浜,海外移住資料館,JICA 意味,ジャイカ,独立行政法人 国際協力機構,国際協力機構,政府開発援助,ODA,JICAブラジル事務所,緒方貞子

海外移住資料館とは日本国政府の発展途上国に対する政府開発援助(ODA)の技術協力事業の実施をしているJICAの施設で、日本人の海外移住の歴史、移住者とその子孫である日系人について広く一般の人々に理解を深めてもらうために開設された。

 

海外移住資料館では、中南米とハワイ、北米への移住を主な対象として紹介している。
海外移住資料館には、「デジタル移住スペース」があり世界の未来と移住を仮想的に体感することが出来る。

 

海外移住資料館の説明では、『日本人の海外移住は、1866年に海外渡航禁止令(鎖国令)が解かれてから、すでに100年以上の歴史があります。
ハワイ王国における砂糖きびプランテーションへの就労に始まって、アメリカ、カナダといった北米への移住、そしてその後1899年にはペルー、1908年にはブラジルへと日本人が渡ります。そして、1924年にアメリカで日本人の入国が禁止されると、大きな流れが北米から南米へと移っていきます。その結果、第二次世界大戦前には約77万人、大戦後には約26万人が移住しています。』

 

■海外移住資料館
http://www.jomm.jp/

 

 

△もっとしりたい施設・ショップトップページへ戻る


JICAとは

JICA横浜,海外移住資料館,JICA 意味,ジャイカ,独立行政法人 国際協力機構,国際協力機構,政府開発援助,ODA,JICAブラジル事務所,緒方貞子

JICAは、ジャイカと読み、Japan International Cooperation Agencyの略。
独立行政法人国際協力機構のことで、日本国政府の発展途上国に対する政府開発援助(ODA)の実施機関。開発途上国の社会・経済の開発を支援するため、政府をはじめとして国際機関、NGO、民間企業などの組織や団体が経済協力を行っている。

政府が開発途上国に行う資金や技術の協力を政府開発援助(ODA:Official Development Assistance)であり、ODAには大きく分けていかの3タイプがある。

 

・無償協力(技術協力・資金協力)
・有償協力(円借款)

・国際機関への拠出

 

JICAは、ODAの中でも、技術協力事業の実施を担っている機関(理事長 緒方貞子)

 

■独立行政法人国際協力機構
http://www.jica.go.jp/

 

■独立行政法人国際協力機構 JICAブラジル事務所
http://www.jica.org.br/jp/sobrejica/jicamundo.php

 

 

△もっとしりたい施設・ショップトップページへ戻る


JR関内駅からの徒歩ルート

■JICA横浜
所管地区:神奈川県

〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-3-1
電話番号:045-663-3251(代表)

ファックス:045-663-3265

 


大きな地図で見る

 

△もっとしりたい施設・ショップトップページへ戻る